マインドセット

マインドセットとは、枠にとらわれない考え方をすることです。

何それ?って言われそうですが・・・

あなたのビジネスは順調ですか?

ライバルはどうでしょうか?

毎年売上げがアップしていますか?

新規のお客さんは思うように増えていますか?

顧客単価はアップしていますか?

お客さんは、毎年、何度も購入していますか?

ライバルと同じやり方でやっていても得られるものはしれています。
下手をすると足元をすくわれるかもしれません。
それだけ世の中のスピードが速くなって、お客さんも以前から見ると
ずいぶん変わってきています。

それは、B2BもB2Cも同じ、
でもその本質は不変です。

マーケティングという言葉を聞いたことがあると思います。
ビジネスをやっているわけですから、
ぜーーーーーーーーったい聞いたことあるはずです。

日本の企業は、一部の大手を除き、そのほとんどが中小零細企業です。
私も零細のひとつです。

その中小企業が今後も活躍していくためには、
売上げを伸ばし続けていくためには、
マーケティング
つまり売上げを上げる仕組作りが必要です。
安売り競争はライバルに任せて
売り込まずに売る仕組みのことです。

これを作り上げるには、マーケティング
ダイレクト・レスポンス・マーケティングの知識が必要になってきます。

何それ?
難しそう!

って言われそうですが、まあ聞いてください。

売るための仕組みのことです。

あなたがこれからますます飛躍しようと考えた場合

今までと同じ考え方でやるとライバルと同じ運命を辿ることになります。
良くなる時も悪くなる時も一緒

お客さんから見ても同じ会社のように見られてしまいます。

お客さんがあなたの会社から買う理由は何ですか?

同じものを同じ価格で同じように売っていくと
お客から見たら別にあなたの会社から買う理由が見つからない。
だからどこも一緒
なるべく安いところから買う
というごくごく当たり前の発想になってしまいます。

あなたはそうしたくないですよね。
そうしたくないから
ちょっとでもライバルの先に行きたいから
お客に喜んでもらいたいから
世の中が良くなって欲しいから
という思いで
これを読んでいると信じています。

あなたがこれからやることは、
ダイレクト・レスポンス・マーケティングを学ぶこと
ダイレクト・レスポンス・マーケティングを学ぼうとしたら
マインドセットが必要になってくることを理解します。

アメリカの天才コンサルタント ジェイ エイブラハムの言葉を借りると
売上げを上げる方法は三つ
一つは、お客の数を増やす
一つは、お客の平均購買金額を上げること
一つは、お客の再購入回数を増やすこと
この三つしかないと言っています。

異論があると思いますが、いろいろな方法を集約するとこの三つになります。

あなたはこの三つのことに絞って学べば売上げを上げることができるということです。

ただしこの三つを学ぼうとすると、いちいち壁にぶち当たるかもしれません。

なぜか?

馴染みがないからです。

今までと全く違ったことを言ったり
何でそんなことを
だったり
誰でも自分がかわいい
自分優先だろう
だったり
納得できにくいこともあるかもしれません。

心配しなくても大丈夫です。
私も同じでしたから。

私も最初は全くと言っていいほどわかりませんでした。
マーケティングのことです。
ダイレクト・レスポンス・マーケティングのことです。
お客様本位で考えることです。

しかしそんな私でも今までうまくいっていたケースを振り返ってみると
ジェイ エイブラハム氏が言ったことと同じことを実はしていました。

要は、私は自分が関わっているビジネスをそこまで深く掘り下げずに
自然にやっていたので、やっていたことが当たり前だと思っていました。
成功体験を体系化しようなんて、
何度も再現してみようなんて
トライしてなかっただけでした。

第三者に言われて初めて、
ああ、そうだったのかと思うようになりました。

ですからあなたにもそうなってほしいのです。
そう考えてほしいのです。

いまから、このウェブや他の手段で発信していくことは、
なんで?
と思うことも多くあると思いますが、

実績のある成功者が実践してきたことを
私の言葉にして
このウェブに当てはめて
言っていきますので

ああ、そういう考えがあるんだ。
成功しているなら自分に当てはめてぜひ実践してみようと考えてください。

そう考えてくれる方
あきらめずに前に進んでいける人には

成功が待っているでしょう。