高いですね!ってお客さんから言われたときの受け答え

あなたの商品を見て高いですね!そういわれたら・・・

あなただったらどう答えますか?

私の答えは、簡単です。言い訳なし。

お客さん:高いですね
わたし:はい。これ、高いんです。

と答えます。

その時、私が考えるのは、このお客さんは、どういう真意で
言っているのだろうか?
その態度、言動、雰囲気などを感じとります。

お客さんが単純に、他社と比べてではなく、価格そのもの、
現実だけ見て、絶対値を見て高いといっているのか。
そのケースの場合は、もうすでにお客さんではない、
と心の中でジャッジしているので早々帰ってもらうよう促します。

もう一方のお客さんは、同じような他社商品と比べて
高いのは何か違いがあるのではないか?
その違いを聞いてみたい。ぜひ教えてというお客さんの声が聞こえてくる・・・
そんな都合の良いイメージで接客態勢に入ります。

お客さんが何かお金を払う場合、

何か問題を抱えている。その問題を解決してすっきりしたい。
理想の未来に行きたいと考えているはず。まずそこを聞き出す作業。
黙って聞く。聞く。聞く。ひたすら聞きます。
お客さんは、話したいんです。話したいんです。
とにかく話を誰かに聞いてもらいたいのです。
こちらはただ聞くだけです。

そしてお客さんは話すだけ話して気分がよくなります。
そこで、こちらの商品説明に入ります。
なぜ他社商品より高いのか?などなどです。

ここまでくるとこのお客さんは買ってくれるお客さんなのかどうなのか?
だいたいわかります。

ひたすら聞く。
これは大事です。
これができればくだらないトークは不要。

ぜひお試しあれ!

商品に期待しているものは何なのか?
どんな問題を抱えているのか?何を解決したいと感じているのか。
共感できることはないだろうか?
それを私に教えてくれ!
それがわかれば、その問題解決にうちの商品が使えるのか判断できるのに、
と考えます。

この記事を書いた人

ユーティリティーマーケティングひろしま